スポーツ

2009.02.26




コネタマ参加中: 野球とサッカー、どちらが好き?

 宮崎キャンプを見に行く僕に何を語れと?(笑)
 野球派です。

 たぶん野球嫌いが嫌っている部分と、野球好きが好んでいる部分は一致してると思います。
 あの「間」。
 ピッチャーが一呼吸置いて、ロージンに手をやり、相手打者をにらみ、プレートに足をかけ、キャッチャーのサインを確認してなげる。
 打者は打者で打席で待ちつつ頭を働かせて。
 打球が放たれて静から動に。一瞬にして変わる。
 その辺りが魅力なんじゃないかなぁ。

 サッカーはちょっとせわしなくて…

 しかしJリーグが出来たときはあれだけ持ち上げていたテレビが今じゃ…
 なんて思っていたらプロ野球も対岸の火事とは言ってられない状況に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.11.23

祝・MVP&新人王

 それぞれ発表されましたが納得のメンツで。

 パのMVP岩隈投手は五位のチームからの選ばれて。
 かつての金田投手のような存在になった形でしょうか。

 なんか「MVPは優勝チームから」という不問律があったみたいですが
(いい例が1999年のセ。20勝6敗の上原を抑えて19勝7敗の野口が受賞)
それも超えた活躍だったと。

 セはラミレス。納得。いなかったら恐ろしいことに。

 新人王。パの方は実は知らない人なのでパス。ごめんなさいっ。

 そしてセ。これも納得。G・山口投手。
 これまたいなかったら恐ろしいことに。
 11勝というのは投げているうちに味方が逆転したわけですから、いいリズムを呼び込む役目を持っていたともいえますね。

 育成出身で初勝利。そして初の新人王。
 育成選手のいい目標になったかなと。

 それを言うなら中日・中村は育成初のFA宣言か(笑)

 拾ってくれたチームに後ろ足で砂をかけるようなマネを。

 とにかく清武代表が今年はFA選手は取らないと宣言したのも、まだ読売ランドに宝物が埋まっていると見たからでしょうね。
 この方針は大賛成です。

 とにかく受賞した皆様。おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.14

非情? 温情?

 二岡選手の放出が正式に発表されました。

 うーん。坂本選手は一本立ちにはまだ早いかと。
 成長の邪魔だからどけたと言う印象ですが。

 六億であの成績の『韓国の至宝』が違約金払ってでも解雇で、膝に難のある小笠原ファースト。
 二岡サードかと思ってたんですが。

 やはりチームが大変な時にあの騒動というのが心証悪くしたのかなと邪推。

 ただハムで生き返れば温情ですが。

 清水選手の放出も寂しい限り。
 まぁ仁志まで出していたしね。
 亀井。鈴木の台頭でと言われてますがまだ老け込む歳でも。
 出番を与えるためと温情で埼玉へ?
(清水選手の母校は浦和学院高)

 駿馬も老いては駄馬にも劣る?
 しかし功労者でしょうにねぇ。
 いや。だからこそ飼い殺しを避けたというのか。

 でももしかしたら巨人は二人をまだ高く評価しているのかもしれませんね。
 同一リーグに出さないというのは。
 万が一活躍されたらねぇ。
 まぁそのあたりは交流戦でわかるでしょうけど。

 林放出も山口の台頭からかな。
 まぁ怪我も多かったしねぇ。

 そういや金銭トレードの小坂選手も宮城出身で楽天行きだから里帰りか。

 問題はこれでベテランのいなくなった若手が安心しないかということで。

 それにしても既に上原。小坂。林。二岡。清水と退団か。
 これはもう激震というレベル。

 まだ『余震』はあるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.09

終わった……

 1989年の巨人・近鉄の日本シリーズ。
 あの巨人三連敗から四連勝のシリーズ。
 三戦目の勝利投手。近鉄・加藤投手の発言で奮起したのが勝因のように言われてますが、実際は四戦目の巨人・香田投手に近鉄打線がペースを狂わされてというのが原因のようです。

 そして今年。
 六戦目にまた西武・岸投手に抑えられて嫌な予感がしてたんですが案の定打てない……
 そしてああいう結果に。

 まぁ仕方ない。
 あの絶望的なゲーム差からペナントを取り、Cシリーズでは中日にリベンジをした上で七戦までもつれたのだし。
 日本一はまたの楽しみにしときましょうか。

 称えるのが礼儀。だから言おう。おめでとう。ライオンズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

野球はメンタルなスポーツだ

 水曜まで夜中に帰ってくる仕事で休憩時間にしかシリーズは見られず。
 そのせいかどーも実感が。
 それでブログのネタにしなかったんですね。
 ちなみにCシリーズのドームで見たゲームは五時間ゲームで疲れ果てて(笑)

 話しを日本シリーズに戻して。
 休みであちこち買い物などして。
 途中でチェック入れていると2対1と1点ビハインド。
 しかも上原が三回降板。
 KOならともかくわずかな失点で。
 これはアクシデントかと思ったのですが、どうも調子がよくないのを見抜いてスパッと変えたようですね。
 金曜は試合がないのでリリーフ総動員できるし。
 ちょっと前は先発こけたら中継ぎは炎上が約束されていたけど、今はかなり安定して。
 ホークスの基礎を築いた尾花ピッチングコーチはやはり見事な手腕だったようです。

 その中継ぎの踏ん張り。それともやはりラミレスが攻撃的に二塁を陥れたのが火をつけたのか。
 ちょうど帰宅してテレビをつけたのがラミレスの打席。
 そこからつるべ打ちで。

 ほんと。野球というのは技術よりも精神面がものを言うことが多いですよね。
 だからこそ惹かれるのでしょうけど。

 それにしてもオリンピック対策だった鶴岡捕手ですが、ほんと彼もいなかったら恐ろしい事態に。

 西武の選手はやはり若いなぁ。
 勢いに乗せると恐いけど、それをかわすベテランも巨人にはいる。
 でもこの経験は財産になるでしょうね。
 もちろんこの後逆転優勝だと自信にも。

 その若獅子たちが目を醒まさないうちに勝利を決めちゃって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.25

雪辱シリーズ第四戦

 優勝したチームが日本シリーズを戦う。
 そういう点では「順当に」行きましたね。

 入団の経緯を思うと諸手を挙げて歓迎とはいかなかったラミレスだけどなぁ。
 ここまでされちゃ認めるしかあるまいなぁ。
 いなかったら…補強が成功したわけですが。
 阪神だって前半快進撃には移籍の新井選手の活躍があったし。

続きを読む "雪辱シリーズ第四戦"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.10.24

報復シリーズ第三戦

 王手!

 今日はそれだけ。
 まさか五時間ゲームになるとは…くたびれた。
 テレビやラジオなら寝転がってても何か別のことしながらでもいいから楽だけど、球場じゃそうも行かんので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.23

復讐シリーズ第二戦

 タイガースファンの某所管理人さんはCシリーズを「蛇足シリーズ」と呼んでました。
「いらねぇ」という意味で。
 同意ですが相手が中日なら意味がある。
 だから僕は「復讐シリーズ」と呼称して。
 次は「報復」「リベンジ」と変えていくかも(笑)

 ドラきちやアンチGは「一発頼み」とかいうだろうけど勢いはつく。
「出やすい球場」というかもだが条件は同じ。
 策を力でねじ伏せた形ですね。

 六連戦で七戦目は絶対ないので
(アドバンテージ含めた勝敗がまったく互角なら巨人優勝。だからアドバンテージ無しで二勝三敗一分けでも巨人)
この後は登板なし。(六戦目でも中3日)
 だからリリーフ温存で行けるところまで行ったようですね。
 ラストの東野投手は雰囲気に慣らすためでしょう。

 ただこの大敗じゃあんまり中日もダメージはないかも。
 勝ちパターンで出して消耗したあげく負けたらでかいけど、ラミレスのあれでもう決まっていたから温存していただろうし。

 さてさて。見に行く明日は誰と誰かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.10

伝説を見た

 下記の通り神宮のチケットを入手したので行ってきました。
 本当にマジック2かと思うくらいがらがらで。
 まぁ平日の夕方だし、雨もパラついていたし。
 次第次第に客席は埋まるのですがやはり空席の部分も。

 どっちの本拠地かわからない状況。
 一塁側というのにジャイアンツレプリカが多数。

 試合はいつもどおりのノリで。
 グライシンガーがいいんだか悪いんだか。

 リードして歓喜はいつもどおりですが、今日は阪神の途中経過が注目されて。
 途中までリードしていたから客席も落胆して。

 それがざわめき始めて。
 みんな携帯とか持ってますからね。
 それで阪神が逆転された情報を。
 スコアに表示れると物凄いボルテージで。

 僕もPHSでスポーツ報知のサイトをチェックしていたんですが、途中からラジオに切り替えて(最初からそうしろ!)

 もう周辺みんな巨人ファンで。
 初めても何もあったもんじゃなく。
 勝利の瞬間には握手しあっちゃいましたし。

 で、帰る人間はマイノリティ(笑)
 粋な計らいで神宮の電光掲示板に横浜・阪神の中継が。いわゆるパブリックビューイング。

 今まで生きていてあんなベイスターズを応援したことはなかった(笑)
 「あと一人」コールや『あと一球』コールまで出る始末。

 新井選手がライトフライに倒れて優勝決定。
 意外に静かにマウンド付近に集まって胴上げ。

 感動した。生で見た胴上げに感動した!(笑)
(ちなみに「絶望した」の元ネタは小泉元総理が当時の横綱。貴乃花に対して発言した「感動した」から)

 巨人ファンでよかったなぁとしみじみ。

続きを読む "伝説を見た"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.09

ちけ☆げと

 横浜戦に負けてもマジック2で迎える十日の神宮。
 もちろん勝っていればマジック1で高確率で胴上げが見られる試合なんですが…まさか取れるとは思わなかったな。
 験しにファミマでチェックしてみたらA指定が取れるし…

 大丈夫なのかな? プロ野球の人気。胴上げの掛かっている試合が前日に残っているほどやばいとは。

 それはさておき、胴上げがあるかもしれない試合を見に行くのは初めて。
 そしてよくよく考えてみたら巨人のビジターゲームを生観戦も初めてでした。
 神宮球場は友人に付き合ってヤクルト・阪神を見に行ったことがありますが。

 もっとも高確率で胴上げを見せ付けられるだけにヤクルトファンが敬遠したのか(笑)
 事実三塁側がなかったけど一塁側が残っていたわけで。

 経緯はどうあれしびれるゲーム。酔ってきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧