仮面ライダー

2018.02.18

ビルド#23「西のファントム」

 今度は紗羽が「あらすじ」に。
 イントロのここしかホッとできるところがないし。

 と、思ったら今回は違う。
 序盤でネットアイドル「みーたん」にファン丸出しになる猿渡(笑)
 だがそれがいい(笑)
 ほんとここ最近やたら重かったからねぇ。
 これで少し空気が和らいだ。

 しかしそれもつかの間。
 帰るべき北都を制圧され、さらに仲間を人質に取られたグリスたちは……

続きを読む "ビルド#23「西のファントム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.11

ビルド#22「涙のビクトリー」

 前回までのあらすじ。なんとブラッドスターク(笑)
 久しぶりに笑えた。
 何しろここんところ重かったからなぁ。
 いい感じに力が抜けて。

 本編も次から次への新フォームでど派手に。
 ここら編は子供たちへの配慮も忘れてないな(笑)
 そして伏線も。
 北都のだけじゃなく西都のボトルまで使っていると。
 この時点でスタークが通じていたというわけか。

 盗んできたというのもありえたが(笑)
 もっとも西都のトップが落ち着いていたからそれはないか。

 ビルの屋上と思しき場所でやるのは両陣営の「乱入」対策かな?
 接近まるわかりだし。

 それもあってバラとヘリコプターのローズコプター。
 トラとUFOでトラユーフォー。
 クジラとジェットでそのままクジラジェットと飛行能力を有するフォームばかり。

続きを読む "ビルド#22「涙のビクトリー」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.02.04

ビルド#21「ハザードは止まらない」

 敵組織に体をいじられた主人公。
 同様に改造された人々……怪人/スマッシュ
 組織からの脱走。
 そしてデザインとかなり昭和ライダーを意識したビルド。
 ここにきて極端に大きなそれを持ってきました。

 初代ライダーの敵。ショッカーが繰り出す「改造人間」も元は言えば普通の人々(改造素体としての優秀さはあるとして)
 しかしもはや危険なモンスター。
 そもそも脳をいじられた時点で自我を失い死んだも同然。
 結局は「死の救済」をもって「化け物」から解放するしかなく。

 それを嫌った制作サイドが途中から敵怪人の「元・人間」という設定をオミットし。
 別の種族という設定が主流を占めるように。
 人間としても怪人のベースになった人物は死なず、武装解除にとどめると。
 ビルドも割と最近まではそうだったんですがパワーゲームの果てに出た産物。
 ハザードスマッシュは変身したまま倒されると消滅すると。

 そして同じく「ハザード」の力で強化したビルドはついに敵を殺めてしまい。

続きを読む "ビルド#21「ハザードは止まらない」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.01.26

一枚のフォトグラフ

 拾い物ですがライターファンには何とも郷愁を感じさせる一枚だったのでご紹介。
 ちなみに石ノ森先生のお誕生日に投稿と。
 ご存命なら八十歳だったのですね。

 それにしてもこの中の何人かはもう天国への階段を駆け上がってしまったと思うと、時の流れを感じる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.12.10

恒例・春のライダー映画

 これなのか?
 去年の『仮面ライダー1号」も客層の年齢が制限されそうだったけど、これだとほんとの意味でPG-12くらいにはなるんじゃ?

 昨日ライダーの映画を見て最後にこの情報が出てぶっ飛んだのは僕だけじゃないはず(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.12.09

昭和「な」ファイズ?

 「仮面ライダー555」の乾巧役の半田健人さんがご自身のアルバムでその主題歌「Justiφs」のアレンジバージョンを歌っているようです。
 今回はそのご紹介。

 動画はそのミュージックビデオですが、彼らしく昭和テイストに。
 またロケ地が555ゆかりの場所。

 そして最後に「半田健人」が出会うのは?

 ここからは動画で。
 555の好きだった僕にはたまらないものに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.11.25

ビルド#11「燃えろドラゴン」

 こんなエピソードタイトルつけたんなら剣じゃなくてヌンチャクでも持たせたくなる(笑)

 ほとんどのボトルを奪われた戦兎。
 残されたのはロック。そして龍我の持つドラゴン。
 しかしそれは制御不能・・…いや。そもそも香澄の力だっただけに龍我にしか使えないんじゃ(笑)

「こんなこともあろうかと」じゃないけど龍我がライダーになれるようにも仕向けて。

続きを読む "ビルド#11「燃えろドラゴン」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.11.15

ビルド#10「滅亡のテクノロジー」

 なんと!
 ブラッドスタークには他者の顔を「変換」する能力があった!?
 そうなるといろいろややこしい。
 戦兎にそっくりな佐藤太郎ではなく「桐生戦兎」に「佐藤太郎」の顔を挿げ替えたと?
 まさか顔を奪われた「佐藤太郎」が葛城巧の死体として?

 そうすると「桐生戦兎」は何ものに?

 話が前後したけど計画とは違う動きを見せるスタークに疑念を抱いた幻徳が現地へ。
 今まではライダー同士の小競り合いが多かったけど、今作は悪同士でやりあうことが多い(笑)

 スタークはパンドラボックスを独占して何をするつもりだったのか?

続きを読む "ビルド#10「滅亡のテクノロジー」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.11.08

ビルド#9「プロジェクトビルドの罠」

 テンプレ破りを続けてきた平成ライダー。
 なんか今作は一回りして思い切り昭和風味(笑)
 正確には昭和にある設定を平成風に処理と。

「仮面ライダー」が軍事利用のための産物と。
 それはあたかも本郷猛がショッカーの尖兵として改造されたかのように。

 ナイトローグこと氷室幻徳。
 いつでも不遜な態度であってほしいキャラだが、冒頭のシーンは相手が悪かった。
 スポンサーというべき難波重工のお偉いさん。

 もし彼がスマッシュになったりしたら、顔の中央に巨大な目があるデザインだろう(笑)
 もちろん名前はタイタンスマッシュ(笑)
 そしてパワーアップしたタイタンスマッシュハザードは全身に目が(笑)

 はい。難波重三郎役はかつて「仮面ライダーストロンガー」でタイタン人間態
(一説では一つ目タイタンもやってたとも)
それを演じた浜田晃さんで。

 そりゃ悪役の大先輩だわ(笑)

続きを読む "ビルド#9「プロジェクトビルドの罠」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.25

ビルド#8 「メモリーが語り始める」

 書こう書こうと思いつつなかなかかけず。
 #2以来のレビューに。

 平成ライダーは大半がアバンタイトルが入るけど、粗筋で漫才してんのはこの作品くらいで(笑)

 スマッシュとライダーが現れたことに講義する北都の首相。
 少なくとも北都にはスマッシュはいないと。
 やはり拠点のある東都のみか?

 ほんとは#7のビューで書くところだけどまあこちらで。
 今回の古村比呂さんといい#3~4の東風万智子(真中瞳)さんといい、今作のプロデューサーは「普通のドラマ」の俳優さんにつてでもあるのだろうか?
 メインライターはもともと一般ドラマの人だったみたいだけど。

続きを読む "ビルド#8 「メモリーが語り始める」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)