這いよれ! ニャル子さん

2013.07.01

這いよれ! ニャル子さんW #12(最終回)「さようならニャル子さんW」

 あっという間の三か月間でした。
 楽しかったですね。

 また次があると信じて、とりあえず最終話のレビューを。

 前回のシリーズは原作ネタで幕を開け、アニメオリジナルで終幕。
 今回はその反対。
 ラストエピソードは11巻に収録されている短編。

 ただ冒頭の沈んだ空気はやや違ってて。

続きを読む "這いよれ! ニャル子さんW #12(最終回)「さようならニャル子さんW」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.06.28

籤引

 セガの「一番くじ」というのがあるようで。
 見たことはあってもやったことはなかったんですね。

 それが今回「這いよれ! ニャル子さんW」であるというのでやってみました。

 一番くじ「ニャル子さん」

 二回やりました。
 ちなみに箱のくじを引くときは、かつての藤田元・巨人監督が原選手(現監督)を引き当てたのに倣って、一番底のを引くようにしてます(笑)

 二枚のうち最初はF賞で音声付キーホルダー。
 四種のデザインというのでニャル子をチョイス。

 そして二枚目。
 まさかのA賞でフィギュア。

 証拠写真(笑)

P1020305


 こんなラッキーがあるなんて。
 驚きました。
 作品に対する愛はあるつもりでしたが、こんな形で帰ってくるとは。

 他にもいろいろといい日でした。

 原稿はまだ完成しないけど(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.06.24

這いよれ! ニャル子さんW #11「とあるキャンプの悪霊の家」

 今回はオリジナルですが、原作のネタも所々に。

 とってつけたように出た蕃神(ばんしん)の設定ですが、実はこれこそが最初の事件以降ニャル子たちがとどまっていた理由。
 前シリーズ三話であの扱いだった(笑)ニャル夫ですが、あの事件の際にカーディアンである蕃神が破壊されたためニャル子たちが代行していたと。

 それはラストにつながるとして、今回はキャンプの話で。
 くどいけど原作じゃまだ春ごろで、とてもではないけど山でキャンプというころではないのですが。

続きを読む "這いよれ! ニャル子さんW #11「とあるキャンプの悪霊の家」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.06.17

這いよれ! ニャル子さんW #10『ユゴス・アタック!」

 今回も短編エピソードから。
 その割には珠緒の話とかシャンタッ君のと違って「ふくらましている」感じがしないなぁ。
 普通アクション要素が強いとそれで詰められるのに。

 ニャル子が風邪を引いたのはアニメ版のこの話では明らかになってませんが、原作だとあのプール話の直後で、あの時のドタバタが原因で引いたと。
 間に別エピソードが入ったのもあり、その展開にはできなかったようで。

続きを読む "這いよれ! ニャル子さんW #10『ユゴス・アタック!」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013.06.10

這いよれ! ニャル子さんW #9「ハイスクール・オブ・ザ・ヒート」

 原作六巻を分割した形だったけど、これで完了。
 分けた意図に関してはちょっとよくわからないです。

 一つ思ったのがこうして閉じ込めたことで「恨む要素」を増やし、クー音があれをやらかしてもおかしくない状況にしたことかと。

 しかし例によって(笑)
 かーなーり、しょーもない動機がそれぞれに。

続きを読む "這いよれ! ニャル子さんW #9「ハイスクール・オブ・ザ・ヒート」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.06.03

這いよれ! ニャル子さんW #8「小さな恋のうた。」

 これまた短編から。
 ただし半分くらいはオリジナル。
 100%増量という方が的確かな?

 原作ではニャル子が誤解して激怒までは同じ。
 そこで時間切れでシャンタッ君は元の姿に戻るのですが、アニメではその効果時間を長く。

続きを読む "這いよれ! ニャル子さんW #8「小さな恋のうた。」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.05.27

這いよれ! ニャル子さんW #7「プールサイド、血に染めて」

 以前の「恋愛の才能」という回と同じで、短編からのアニメ化で。

 原作でも歌詞ネタはあるけど大半はアニメか特撮で。
 今回みたいに昭和歌謡ネタというのはちょっとないです。
 ちなみにニャル子が口走っていたのは森田公一とトップギャランの「青春時代」という曲。
 あとの方は相良直美の「世界は二人のために」だったかな?

 一週空いたのでなんかすごい前の話の印象がありますが、クー音について回想を。
 これ、逆にフェードアウトの線はないのかも。
 わざわざ思い出させるんだからね。

続きを読む "這いよれ! ニャル子さんW #7「プールサイド、血に染めて」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.05.13

構成

 しかし世の中にはいろんなことを思いつく人がいるものです。
 カテゴリーが「ニャル子」「プロ野球」で「?」となった人も、見ればお分かりいただけるかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

這いよれ! ニャル子さんW #6「エンジテミル」

 このタイトルも原作準拠ですが、こうなるとこれも元ネタがあると考えてよさそう(笑)

 結論から言うと原作の後半。
 丸々端折ってます。
 一期で言うと三話のニャル夫の話…あそこまでひどくはないが(笑)

 クー音は二重の意味でトラブルメーカーだったのですが、その片方が。
 たぶんラブコメディとしての要素に絞ったんでしょうね。

続きを読む "這いよれ! ニャル子さんW #6「エンジテミル」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013.05.06

這いよれ! ニャル子さんW #5「嘘だと言ってよ クー子」

 ことあるごとに「変態」がくると言ってたわけですが…ご覧いただけたならそれもお分かりいただけたのではないかと(笑)
 クー子の従姉妹。クー音。参上(笑)

 今回はパロディがすごかった。
 一期八話も相当だったが、あちらと違うのは今回がほぼ原作ネタという点で。

 今回のエピソードが書かれたころは「仮面ライダーW」が放映されていたのですが、本気で今作の「ニャル子さんW」の「W」は「仮面ライダーW」にちなんでいる気がしてきた(笑)

続きを読む "這いよれ! ニャル子さんW #5「嘘だと言ってよ クー子」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧