« アニメ化希望 | トップページ | 流れたオペ »

2018.01.12

ラーメン大好き小泉さん#2「北極」「ココココイズミサン」

 メイン四人のうち今度は美沙。そして潤にスポットが。
 この展開は原作通り。

 一本目というか前半は美沙。
 連載も長いんですが髪を下したのは初めて見た気が。
 髪のバリエーションはラーメン食べるときにまとめる関係もあり、小泉さんがかなりのもので。
 毎回同じ纏め方していると頭が「痛む」(「傷む」ではなく)から変えているとのこと。
 もちろんショートカットの悠はあのまま(笑)
 美沙もまとまっちゃっているからそのまま食べて。

 OPのジャージ姿走っているのは美沙。
 あれは美容のためにやってます。
「それでラーメン食べていいのか?」と突っ込まれそうですが、それでも食べてしまうほどおいしいという話も後に。
 とにかく美容には並大抵ではない情熱を注ぎ、その努力の甲斐あってか可愛らしい見た目で。
 ちなみに身長設定は153と印象通り小柄。
 意外なのが小泉さんの152センチ。
 中の人も近いけど(笑)

 その可愛さらしい……モテそうな要素がすれ違いとなり。

 勝手に『決めつけられて』離れられて。
 プライドを傷つけられて……じゃなく乙女な理由で涙を。

 美沙の辛いもの好きはあの話でも結構絡んできて、そのベースがこの話ですね。

 前回のレビューにも書いたけど原作は店名をぼかしているんですが、アニメでははっきりと。
 あまりよく見てなかったですがEDにはちゃんと店名がクレジットされていたようで。

 アニメに出ていた「まんが」は原作にはなく。
 こうしてみるとどうも本当にこのお店を描いた漫画が存在するようで、それを取り込んだということらしく。

 小泉さんが辛い物がそんなに得意じゃないというのも原作通りなんですが、ここでアニメならではの要素で「声」が。
 竹達さんの可愛らしい声が活かされて。
 一話目でも悠が「女の子らしい可愛い声」と評していたし、また愛想のない人だけに逆にかわいい声でバランスをとっているのもあるかと。

 一方鬼頭さんのほうは色っぽいなと。

 あと原作は活版で色なしで描かれてまして。
 アニメで色がついたらすっごい辛そうに(笑)
 僕は「寿司をさび抜きにしないで食える」「ココイチでは一辛を頼む」程度なので、あれは無理だろうなぁ。
 もっとも最大級らしいから「初心者向け」なんてのもあるのかも。それなら食べられるかな?

 原作者から。ひょっとしたら新作カットだったかも。

 二本目。今度は潤で。
 配分からお察しのとおり原作は前後編。

 原作でも不思議なタイトルと思っていたけどああ。
 店名に引っ掛けていたのか。

 試験前にラーメン食べに遠出というのはこれ以降も小泉さんはしていて。
 どうしても止められないようで。
 試験前じゃないけどとあるサービスエリアの夜間限定のラーメンを食べるためにヒッチハイクまでしたりとか。

 よく議論の種になる「酢豚にパイナップル」ですが僕は肯定派。
 それでもさすがにラーメンにパイナップルはどうなんだろという気が。
 これは食べて見ないとなんとも(じゅるり)

 これまた実在店。閉店したと聞いてましたが半分正解で半分間違い。
 移転していたんですね。
 アニメでは原作準拠で西荻窪のままですがちゃんと「町田でも」と移転先を示して。

 悠や美沙と違ってどちらかというと感覚に任せてしゃべらずロジカルな一面の強い潤。
 それゆえか小泉さんも「話が通じる」らしく、割と会話をするようで。

 意外でも何でもないけど潤は神経質な一面があり、それだけに体調に気を遣う部分も。

 単純に考えてこのパイナップルラーメン。
「甘い」のか?
 それともそれこそ酢豚のような感じの味でさほど甘くはないのか?(酢豚もどちらかというと甘い料理ですが)
 甘いとしたら前半と後半で両極端だな(笑)

 こうして改めて見ると、悠がうまくいかないのはアプローチがしつこいからか(笑)
 見た目と裏腹にストーカー体質で(笑)
 アニメ化で出てた小泉さんをまとめた増刊に新作が掲載されているんですが、あれだともう『怖い』レベルにまで(笑)
 あの辺りだけだとかつての「さよなら絶望先生」で生徒の一人として出てもおかしくないほどで(笑)
 その片鱗が一本目のラストで。

 そういや悠の兄。修(しゅう)の声が中村「悠」一さんで自分の名前の付いた妹キャラの名を。
 そうかと思えば後で出てくるこの兄妹の従姉になる女性の下の名が、悠の声である佐倉さんと同じ「綾音」(字まで同じ)だったり。

 とりあえずメイン四人が出そろって。
 本格的スタートに。

|

« アニメ化希望 | トップページ | 流れたオペ »

ラーメン大好き小泉さん」カテゴリの記事

コメント

>アニメで色がついたらすっごい辛そうに(笑)

色ももちろんですが、音声の有無も大きいですよね。

確か「干物妹うまるちゃん」では、カップめんを実際に食べている音声を収録したそうですがこちらの作品は如何に?
・・・激辛物を食べて、それがNGで録り直しってなったらキツイだろうなぁ(笑)

なお実は私はお医者さんに「唐辛子系の激辛物は極力避けるように」とダメ出されています(汗)
私の内蔵(特に大腸)にはちょっとイケないとの事で、まあ「普通のカレーライスを週一くらいなら」と言う程度の制限ですが・・・

>パイナップル

含まれている酵素で肉が柔らかくなり旨味が増すと聞いた事が有りますが、酢豚やカレー等ならともかくラーメンではどうなんでしょうね?

投稿: mino | 2018.01.15 12:47

minoさん

>音声の有無も大きいですよね。

 確かに。
 特に麺類はすする音が重要だし。

>カップめんを実際に食べている音声を収録したそうですがこちらの作品は如何に?

 その情報は流れてないのですが、スタジオへの差し入れはカップ麺だそうです。
 もしかしたら収録時に食しているのかも。

>「唐辛子系の激辛物は極力避けるように」とダメ出されています(汗)

 あらら。健康面では心配ですな。

>含まれている酵素で肉が柔らかくなり旨味が増すと聞いた事が有りますが、酢豚やカレー等ならともかくラーメンではどうなんでしょうね?

 酢豚に入っている理由はそれらしいですか、ラーメンだとほんと想像もつかないですね。
 実際に食べてみるしかないけど家から町田は一時間ちょいらしく。
 ラーメン食べるためだけに一時間電車に乗るのもなぁ(笑)

投稿: 城弾 | 2018.01.15 13:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22709/66268486

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン大好き小泉さん#2「北極」「ココココイズミサン」:

« アニメ化希望 | トップページ | 流れたオペ »