« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017.01.31

ガヴリールドロップアウト#4「いざ夏休み」

 ここまで三回は一回につき原作四話を消費してましたけど、今回は膨らましやすかったからか初の三話で。
 まぁエピソードタイトル通り夏休みでくくったらこうなったのかなと。

 ちなみに原作ではハロウィンもクリスマスも初詣もやってます。
 全部参加。それもはしゃいでいた悪魔のヴィーネ(笑)
 真面目なだけじゃなくイベントごとになるとテンションが上がる可愛いところも。
 今回もまさにそれ。
 しおりまで作るありさまで(笑)

続きを読む "ガヴリールドロップアウト#4「いざ夏休み」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.01.24

ガヴリールドロップアウト#3「友と勤労と虫刺されの夏の日」

 マスター登場。
 いわゆるセミレギュラーで。
 悪魔がいるのに悪い人が存在しないこの世界。
 その中でも群を抜いての善人。
 まぁ苦労もしているようですが。

 声は梅津秀行さん。
 最初きいたときは「もっとしょぼくれた声の人がいいな」と思ってたんですが、見事に哀愁の中年男を演じてくださいました(笑)
 調べたらすでに還暦を過ぎていたのですね。
 リアルJKの富田美憂さんなんて、ほんとあんな接し方かもしれない(笑)

続きを読む "ガヴリールドロップアウト#3「友と勤労と虫刺されの夏の日」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

申し込みゼロ

「俺には同人誌を作る資格なんてないんだ……」(体育ずわり)
 過去には少しは申込あったけどゼロとはなぁ。

 もはや過去の男ということか?
 エゴサしても引っかかりゃしないし。

 ま、一応掲示を下げていくだけで通販受け付けはしますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.19

新刊「金剛学園女子寮211号室」の通販受け付けます。

 冬コミでの新刊。
「金剛学園女子寮211号室」が在庫ありますので、通販受け付けます。

 B6版。60ページ。
 一冊400円と送料180円
 二冊までならスマートレター使用で同じです。

 なお既刊Fake Basket」600円。
「城弾シアターR18 ぱられる」『城弾シアターR18花火』いずれも500円。
 すべてB6版も在庫あります。

 ほしい方はまず連絡をください。
 この記事にレスか、本館のトップページにあるメールアドレスに当ててメールを。

 お待ちしています。

 この記事を二週ほど最上段に置いておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.17

ガヴリールドロップアウト#2「天使と悪魔と委員長」

 原作にはエピソードタイトルは存在しません。
 なのでアニメ版のエピソードタイトルはアニメ版独自のものということに。
 これがジョジョだと一部除いてほぼ原作そのままで。
 逆にフルーツバスケットなどは原作同様にアニメもエピソードタイトルがないという徹底ぶり。

 天使と悪魔はわかる。
 最後の委員長とは?
 一話目も1カットだけ出てきた黒髪の少女で。
 演じるのは渕上舞さん。

続きを読む "ガヴリールドロップアウト#2「天使と悪魔と委員長」"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2017.01.11

アニメ版もろもろ

 ちなんだツイートを集めてみました。
 まずは原作者。うかみ先生のから。


 次は舞台の「聖地巡礼」

続きを読む "アニメ版もろもろ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.10

ガヴリールドロップアウト#1「もう戻れないと知ったあの日」

 柚木涼太先生目当てに創刊号から買っているコミック電撃だいおうじ。
 名前でわかる通り『電撃大王』の姉妹誌で。
 その初めてのアニメ化作品がこれになったと。

 第三号あたりで読み切り。もう一度やって本格的な連載にといういきさつを。
 因みに本格的な連載になったところからサターニャが出てきて。

 原作のファンですし、だいおうじのプッシュもあり全話(12本)レビュー予定。

続きを読む "ガヴリールドロップアウト#1「もう戻れないと知ったあの日」"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2017.01.05

さんざんな年末年始

 だいぶ遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 まぁ今回はインフルエンザで目論見のほとんどがつぶれたというさんざんな正月休みで。
 特にせっかく当選した冬コミサークル参加を棒に振ったのが極めて痛かった。
 楽し気にイベントに参加しているツイートを横目にしての自宅で。

 気持ち切り替えていきたいとは思いますが。

 ちなみにインフルで何もできず、書くことがなかったのもありますが、早いうちにこちらに新年のあいさつをあげと、本館のメイン掲示板。
 元日の更新部分に触れたくない人が、こっちに書き込んであちらをスルーというのが予想……じゃなくて「例年のパターン」なんで書かないでいたんですが。
 あれはほんと作り手のプライドズタズタになります。
 ご勘弁願いたいです。

 改めまして。
 今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »