« ダイヤモンドは砕けない #28「ハイウェイ・スター その1」 | トップページ | ダイヤモンドは砕けない #29「ハイウェイ・スターその2」 »

2016.10.11

心当たりがかなりある

 ラストの人たちにとっては作っている人間のことなどどうでもいいんでしょう。
 むしろ粗探しを「愉しんでいる」んじゃないかと。
 どう楽しむかは勝手だけど、それで粗探しされる方はたまったもんじゃない。
 延々ミスだけ並べたてて、それだけ細かいところを見ておきながら一つもよかった点は上げないとか。
 作った人間の精神をむしばむ目的とすら思えてくる。

 原典の設定を改変しての二次創作は一見二番目のプロデューサー・編集向きだけど、作者の心情を考えない点ではラストに近い。
 送り出したものがもっとも「出したいもの」なのにそれを変えるということは否定に他ならないし、心を折りに来ている。
 恨みは消えない。

|

« ダイヤモンドは砕けない #28「ハイウェイ・スター その1」 | トップページ | ダイヤモンドは砕けない #29「ハイウェイ・スターその2」 »

創作活動」カテゴリの記事

コメント

大変身に詰まされる話です。私も三番目かもしれないし。
時間を置けば置くほどアイデアも風化していくみたいだし、いい加減に始めないと(自分のことですが)もうダメかも。

投稿: 東方不在 | 2016.10.13 20:39

 東方不在さん

 本文にもある通り、一人二人の話じゃないんですよね。
 そして僕だけの話でもない。

 disるだけってのはご勘弁いただきたいので、こうしてこのツイートを転載させてもらったんで。

投稿: 城弾 | 2016.10.13 21:44

〉一人二人の話じゃないんですよね。
〉そして僕だけの話でもない。

だからこそと言うか、城弾シアターだけでも数えきれないほど身に覚えがありまして。
自重の意味も込めてコメントしたわけです。

投稿: 東方不在 | 2016.10.14 00:10

これは本当に何ともですね。
少なくともその「指摘」にどんなに対応しても(それこそどんなに読み手の需要に完璧に合わせたとしても)あらを探す人は探すでしょうし。
あえてかばうのなら「わるかった探し」をする事で「相手を磨かせる」とか「“わるかった探し”ができる自分」に納得するとか言う所なのでしょうけど本当に三番目派の人が自分達について理論的な語りができたらどうなるのか気になる所です。

投稿: ナナッキン | 2016.10.18 06:19

 ナナッキンさん

 気が付くの遅れました。

>あらを探す人は探すでしょうし。

 でしょうね。
 そういう人は「粗探し」を楽しんでますから。

>あえてかばうのなら「わるかった探し」をする事で「相手を磨かせる」とか

 中には本当に「善意」らしい人もいるから面倒で。
 でも人目につくところに出す時点で、結構な悪意を感じますけどね。

投稿: 城弾 | 2016.10.19 20:22

>城弾さん

>気が付くの遅れました。
いえ、この辺りは色々ありますしお気になさらずです。

>そういう人は「粗探し」を楽しんでますから。
でしょうね。
落語で「何かと夫に難癖付けられる妻がご隠居さんのアドバイスでぐうの音の出ないほど完璧にこなしたら夫から「文句言えないじゃないか」と難癖付けられるオチ」という話があった事を覚えてますが実際やられる側には笑えない話ですね。

>中には本当に「善意」らしい人もいるから面倒で。
>でも人目につくところに出す時点で、結構な悪意を感じますけどね。
善意から出ても行動と結果が悪意として出てしまう…これに気づいて対応するかしないかでも明暗は分かれそうです。

投稿: ナナッキン | 2016.10.20 17:45

 ナナッキンさん

>「文句言えないじゃないか」と難癖付けられるオチ」という話があった

 そんな噺が。面白そうですな。

>実際やられる側には笑えない話ですね。

 いや、まったく。

>これに気づいて対応するかしないかでも明暗は分かれそうです。

 そうですね。
「こっちは善意でやってんのになんて奴だ」となってくると、もうお手上げですが。
 そのまま「ほったらかし」にしてくれた方がよほどましで。

投稿: 城弾 | 2016.10.20 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22709/64330280

この記事へのトラックバック一覧です: 心当たりがかなりある:

« ダイヤモンドは砕けない #28「ハイウェイ・スター その1」 | トップページ | ダイヤモンドは砕けない #29「ハイウェイ・スターその2」 »