« 12/30(金)西1ホール は-22a | トップページ | ダイヤモンドは砕けない #32「7月15日(木) その2」 »

2016.10.29

ダイヤモンドは砕けない #31「7月15日(木) その1」

 基本的に原作準拠のこのシリーズ。
 それがわざわざタイトル変えたくらいなので、何かやるとは思っていたが。
 メインとなる鉄塔の話が原作順だとここで。
 しかし次。そしてその次のシリーズのための布石を。
 そういやこの三つのシリーズは同じ日の出来事か。

 さらに写真のおやじが吉良と合流も描いて。

 こちらで確認しました。
 実際に1999年7月15日は木曜日ですね。

 第一話で承太郎を乗せたタクシーの運転手が
「あの鉄塔のあたりで電波が」と。
 ちょっとした布石ですね。
 それを言うなら露伴初登場の際に間田が「不動産屋が口にしているのを耳にした」とありましたが、ここにも今回「露伴を訪ねてきた男」が、

 本体に害なすスタンドといえば、なんといっても3部のホリィさん。
 また本体が死んでもスタンドだけが生き続ける
(ただしエネルギー供給源としての本体は必要)
 それも三部のアヌビス神が。
 なのでこんな奴が現れても不思議はなく。

 状況証拠ですが「鉄塔に住んで三年」というのは「閉じ込められて三年」かなと。
 だから彼は写真のおやじに弓と矢で貫かれたわけじゃないようです。
 実際後の方ではそれを裏付ける台詞も。

 庚一の行く手を阻んだもの。
 そして残された庚一のかばん。
 さらには仗助の母・朋子のもとにも。
 この辺りはアニメで補完した形で。

 自分の父親が見知らぬ誰かとすり替わっていた。
 それを突き止めるべく川尻早人は尾行する。
 そしてそれに気が付く露伴。
 この辺りがのちほど。

 たぶん次回Aパートあたりで「鉄塔」はおしまい。
 後半から次のシリーズかな。

|

« 12/30(金)西1ホール は-22a | トップページ | ダイヤモンドは砕けない #32「7月15日(木) その2」 »

ジョジョの奇妙な冒険」カテゴリの記事

コメント

ははぁ、元々は三篇に分かれていたエピソードを纏めたと言う訳ですか。

>鉄塔に住んで三年

「あれ?」と思いました。
すると仗助と億泰のどちらかを鉄塔に閉じ込める事を条件に吉良親父から二人の情報を得た、と。
しかし親父はミキタカの事を知らないので、その情報は無かったと言う事ですね。

>川尻早人
>岸部露伴

後に線となる点がここに現われたか、と言う所ですね。
そしてそれを邪魔しにきたと思われる怪しい人物も。

それと庚一くんの行方や朋子さんに忍び寄るあやしい影。
次回、これらのエピソードが収束して行く予感です。

投稿: mino | 2016.10.30 00:10

minoさん

>ははぁ、元々は三篇に分かれていたエピソードを纏めたと言う訳ですか。

 アニメで補完した部分もありますが、時系列順にした形ですね。

>吉良親父から二人の情報を得た、と。

 おおむねそんな感じで。

>後に線となる点がここに現われたか、と言う所ですね。

 まさにそれで。

>これらのエピソードが収束して行く予感です。

 次回お楽しみにですね。

投稿: 城弾 | 2016.10.30 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22709/64412907

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドは砕けない #31「7月15日(木) その1」:

« 12/30(金)西1ホール は-22a | トップページ | ダイヤモンドは砕けない #32「7月15日(木) その2」 »