« 季節の変わり目 | トップページ | 心当たりがかなりある »

2016.10.08

ダイヤモンドは砕けない #28「ハイウェイ・スター その1」

 前のシリーズとは一転して原作で好きなのがこの「ハイウェイ・スター」編。
 単純にアクションバリバリなのも。

 「このシリーズ」と銘打ったように本来は区切りがついているのですが、バスのくだりで前の展開を打受けているのもあり連結して見えますね。

 まずは『ぼくは宇宙人』編で。

 軽い小遣い稼ぎのつもりが、露伴の性格を甘く見ていた・……いや。誰もあそこまでは読めんよな(笑)
 三部の「ダービー・ザ・ギャンブラー」とは一転してプレッシャーを主人公のほうがかけられる羽目に。

 小林玉美。「サーフェス」のあの話で消えることなく(笑)再登場。
 まぁうまくこの展開で使われたというのが正解かも。
 確かにこの局面ではうってつけの能力。

 スニーカーに変身した時は目を回さなかったけど、サイコロで不規則に振り回されるのとは違うということで。
 仗助は落ち着くのを待つために時間稼ぎしていたんですが、今度はサイレンが。

 あれだけ燃えてて三人とも気が付かないか?(笑)
 露伴は完全に集中していたとして、仗助もプレッシャーとして、玉美は傍観者だから。
 一応は彼が気付いてますがもっと早い段階で(笑)
 仗助の服装で忘れがちですが、季節が夏の設定で暑さが違和感につながらなかったということで。

「母親」とともに現れたミキタカ。
 果たして彼の言う通りあの女性が母親役を演じさせられて、彼自身は本当に宇宙人なのか?
 それとも「おかしい」のは彼でスタンド使いが正解なのか?
 4部終了から20年以上経ちますが、未だにはっきりしてません(笑)

 ここで話が切り替わりますが写真のおやじ。
 いやぁ。「獣電戦隊キョウリュウジャー」以来に千葉繁さん節を堪能したなぁ(笑)
 特に「しかぁし」のイントネーション。

 バスの中で露伴とあった仗助。
 かなりねちねちと露伴に絡まれる羽目に。
 そりゃもっともで。
 一方的に絡まれた挙句に火事で大損害では。
 もっとも火事の方は露伴の不注意ですが(笑)

 バスから見えた部屋に関しては幻覚だったわけですが、どう見てもハイウェイ・スターの能力とは無関係な気が。
 三部で言うならDOの館を迷宮に見せていたケニー・Gみたいに別口がいると思ってたんですが。

 アニメオリジナルで入る「カイ原田の番組」
 考えてみると吉良がからんでいるであろう場面でよく流れている?
 実はリスナー?
 その番組でさりげにトンネルでの事故のことを。

 文字通り罠にはまった露伴。
 そして現れる仗助。
 ここで出た有名なフレーズ。
「だが断る」
 アニメでは決め顔で(笑)
 いや。原作通りか。

 しかしさらに予想外に絵動いた仗助。
 すれ違いもここまで……とはいえさすがに助けるくらいはする露伴。
 いくらクレイジー・Dが仗助本人を治せないといえ、時速70キロで吹っ飛んでの受け身のクッションはできるとみての書き込みかと。

 ゴールは本体。
 仗助と敵スタンドとの激しいチェイスはまた次回。

|

« 季節の変わり目 | トップページ | 心当たりがかなりある »

ジョジョの奇妙な冒険」カテゴリの記事

コメント

ジョジョの中でも屈指の名言が出た会ではありますがセリフのカットが多くて
仗助との遺恨が薄いというか。
チンチロリンの負けたらどうなるとかのウンチクやバスで後ろから睨み続けるプレッシャーとか。
特に仗助がトンネルの入り口で「さっきは二度と会いたくないと言ったけど〜」と
言っていましたがバスの中の「テメーとは二度と会いたくない」のセリフをカットしたので
矛盾が生じてしまっています。

60km/hで追いかけてくるハイウエスター、速度を落とせないというのは
スピードが元ネタでしょうかね(バスを減速させると爆発する)

投稿: アディゴ | 2016.10.11 00:51

アディゴさん

>セリフのカットが多くて
>仗助との遺恨が薄いというか。

 一・二部ほどじゃないけどこのシリーズもかなり詰め込んでますからね。

>バスの中の「テメーとは二度と会いたくない」のセリフをカットしたので
>矛盾が生じてしまっています。

 なんか違和感と思ったらそういうことか。

>スピードが元ネタでしょうかね(バスを減速させると爆発する)

 それか。
 公開が連載時の90年代半ばより前ならまずそれで決まりかなと。

投稿: 城弾 | 2016.10.11 03:28

ようやく見る事が出来ました・・・普段から「録画は堕落の第一歩」とか言い張っていますが、スケジュール破綻で「録ってて良かった!」と言う状態です(苦笑)

今回は「だが断る」が全部持って行きました(笑)
原作未読でも知っているセリフですが、なるほどこう言うシチュエーションだった訳ですね。

もとい。

チンチロ勝負はまさかこんな事になるとは・・・お祭りマンボじゃあるまいし(苦笑)
でも仗助と露伴の相性の悪さですが、どちらかがちょっと歩み寄れば最強コンビになると思うのですが・・・この二人の組み合わせに譲歩を期待するのは無理か(笑)

>ミキタカ

えー?明かされていないんですか?(笑)
まあどちらでも本筋には影響なしと言う事なんでしょうけど・・・読者&視聴者の想像に任せられているのかな?

それよりも!
隠しカメラ&マイクを仕込んだのは川尻Jrでしたか。
ここからどう本陣に斬り込んで行くのかな?

あと今回出て来た露伴先生のバイクはカワサキのゼファーですね。
400に見える部分と750に見える部分がゴッチャになっていたようで、どちらかは特定しにくいですが。

投稿: mino | 2016.10.11 23:04

minoさん

>今回は「だが断る」が全部持って行きました(笑)

 でしょうね(笑)

>この二人の組み合わせに譲歩を期待するのは無理か(笑)

 仗助からしたら友人に害をなした露伴(それを言うなら億奏もだが)
 露伴からしたらタコ殴りの恨み(笑)
 それでも今回はやや歩み寄ってますが緊急時だからなぁ。

>ここからどう本陣に斬り込んで行くのかな?

 後半戦のいわゆるキーパーソンで。

>バイクはカワサキのゼファーですね。

 特定できるとはすごい。

投稿: 城弾 | 2016.10.12 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22709/64315464

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドは砕けない #28「ハイウェイ・スター その1」:

« 季節の変わり目 | トップページ | 心当たりがかなりある »