« 心当たりがかなりある | トップページ | プロ野球チーム命名由来 »

2016.10.15

ダイヤモンドは砕けない #29「ハイウェイ・スターその2」

 減速すればやられる!
 フルスロットルアクション……なんか映画のあおりみたい(笑)
 でもまさにそれと同じ状況で。

 冒頭の乳母車に突っ込みつつバイクを破壊して被害を防ぐあたりが特に好きです。

 1999年当時はまだまだバリバリの存在価値を持っていたテレホンカード。
 一方携帯電話はまだ高嶺の花といったところだったでしょうか。

 まぁ原作自体は90年代前半に描かれているので、色々と想像や予測で書いてあったりしますが。
 電話なんかもいろいろと違いが現実に合わせて治されていそう。

 最初のサラリーマンの携帯電話を壊しておきながらクレイジー・Dで直さなかったのは、多分ですが時速80キロで走るバイクで部品をぶちまけてしまったんじゃないかと(笑)
 そのあたりが「クレイジー・Dでも直せない重大な故障」というやつで。

 庚一に協力を仰ぎ調べてもらいますが新聞のスクラップ?
 原作もだったかな?
 二日前くらいの新聞ならまだ処分してなくても不思議ないし。

 ナースに対して交渉をする庚一ですが、半分はナースの「ちび」の一言が癇に障っての気がする(笑)
 仮にも医療従事者が肉体的な特徴を笑ってしまえば、当然の報いかと。

 ついにご対面。本体・噴上裕也。
 露伴をとらえて半死半生にしたことより、仗助を追いつめたこと以上に女子三人にちやほやされていることで読者の怒りを誘ったであろう男(笑)
 まぁ頭悪そうな女たちだけど(笑)

 それにしても生理中を看破されて怒りもしないあたり、かなり盲目的な愛じゃあないかと(笑)
 普通なら「デリカシーがない」と憤慨される場面だが。

 出た。「一旦治してからぶちのめせば卑怯じゃない」というとんでも理論(笑)
 ちなみにこれ。ゲームでも使われているらしく。
 いったん相手の体力ゲージが全回復してそれをぶちのめすようで(笑)

 しかしこの件の後で裕也を診に来た医師は症状の違いに首をひねったかなと(笑)

 ラストのナレーションは原作通りだけど、露伴の救出場面はアニメオリジナル。
 やっぱの簡単には心開かなくて。

 Cパートで次のエピソードの冒頭を。
 今度は「川尻浩作」が主人公。
 この作品の例にもれず、猫がひどい目に(笑)

|

« 心当たりがかなりある | トップページ | プロ野球チーム命名由来 »

ジョジョの奇妙な冒険」カテゴリの記事

コメント

いやこれ仗助ひったくりじゃん(爆汗)普通に犯罪案件ですが(汗)
ノーヘルでの暴走に加えてコレは事件になったりはしなかったのだろうか・・・

しかし矢の選んだスタンド使いはどいつもこいつも下衆い性格で。
スタンドが「精神の具現化」と言う事なら発現するスタンドが厄介なのもむべなるかな。

>一旦治してからぶちのめせば卑怯じゃない

散々卑怯な真似をしているし(それがスタンドの特性だとしても)気に入らないからそのままぶちのめすのかな?と思いましたが・・・そう来たか(笑)

>猫

ネコさん逃げて!超逃げて!!

ところでスタンド名のハイウェイスターの元ネタはDeepPurpleのロック史に残る名曲のタイトルですが、噴上裕也と言う名の元ネタはやはり内田裕也ですかねぇ・・・

投稿: mino | 2016.10.17 14:53

 minoさん

>普通に犯罪案件ですが(汗)

 描かれてないけど、SPW財団がフォローしてたりして(笑)

>スタンドが「精神の具現化」と言う事なら発現するスタンドが厄介なのもむべなるかな。

 ですねぇ。
 後付け設定ですが三部でのDIOの配下の何名かもこの矢によってスタンド使いになった口だし。
 本人の言葉を信じるならンドゥール。ダービー兄弟。アヌビス神(ただし本体の刀鍛冶が誰か別人によって矢で貫かれているかもだが)は外しても他にもかなり。
 呪いのデーボ。グレー・フライも違いそう。

>噴上裕也と言う名の元ネタはやはり内田裕也ですかねぇ・・・

 そのあたりはわかりかねます。
 ただ未起隆の上の名前。「支倉」とか「広瀬」庚一。三部の花京院など仙台の地名から取った苗字も多々あるので、噴上もそうなのかも?
 下はご推察通りかもしれませんね。

投稿: 城弾 | 2016.10.17 15:11

クレDの直す能力に射程距離があるというか吉良の手は射程内、
携帯のばらけた部品は時速80kmで走っていたために自分から離れてしまったと。
10秒位経過したとして約200m強、5秒でも100m強の距離がクレDの能力の射程距離か。

治して殴れば卑怯じゃないというのは仗助の良心というよりも
噴上の言い訳を無効化する逆に言うとさらに卑怯な方法w

その噴上の入院中の姿ですが気管切開をして呼吸器を繋いでいるのに
鼻に酸素チューブが入っているおかしな描写が。
ただこれは原作からそうなわけでシーンが進むごとにいつに間にか
気管のチューブが外され鼻のチューブも外されるのでありましたw

投稿: アディゴ | 2016.10.18 12:08

アディゴさん

>10秒位経過したとして約200m強、5秒でも100m強の距離がクレDの能力の射程距離か。

 実際作中でもほとんどは仗助の目の届くあたりですしね。
 一番遠くてラストバトルの「自動追尾弾」かな?

>噴上の言い訳を無効化する逆に言うとさらに卑怯な方法w
 
 それを言っちゃうと(笑)

>噴上の入院中の姿ですが

 まぁ資料もないでしょうしね。
 「そんな重症患者を写すなんて不謹慎だ」と叱られますし(笑)

投稿: 城弾 | 2016.10.18 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22709/64351796

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドは砕けない #29「ハイウェイ・スターその2」:

« 心当たりがかなりある | トップページ | プロ野球チーム命名由来 »