« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016.10.29

ダイヤモンドは砕けない #31「7月15日(木) その1」

 基本的に原作準拠のこのシリーズ。
 それがわざわざタイトル変えたくらいなので、何かやるとは思っていたが。
 メインとなる鉄塔の話が原作順だとここで。
 しかし次。そしてその次のシリーズのための布石を。
 そういやこの三つのシリーズは同じ日の出来事か。

 さらに写真のおやじが吉良と合流も描いて。

 こちらで確認しました。
 実際に1999年7月15日は木曜日ですね。

続きを読む "ダイヤモンドは砕けない #31「7月15日(木) その1」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.10.28

12/30(金)西1ホール は-22a

 ビッグサイトよ。私は帰ってきた(笑)
(一般参加しているけど)

 当選してました。
 そして無事入稿もしました。

 お品書き。(すべてB6版)

 新刊
「金剛学園女子寮211号室」
 60ページ。頒布価格400円。

 二組の少年少女の入れ替わりもの。
 その女子になった男子サイドを。
 なお反対側は販促を兼ねてwebで展開予定。

 既刊。
「Fake Basket」
 C88初出。100ページ。頒布価格600円。

「城弾シアターR18 ぱられる」
 C85初出。84ページ。頒布価格500円。
「城弾シアターR18 花火」
 C84初出。84ページ。頒布価格500円。

 以上四点持っていきます(新刊は僕も現地で見ますけど)

 随時更新予定。
 そして例によって当日までこの記事を最上段に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.23

ダイヤモンドは砕けない #30「猫は吉良吉影が好き」

 当日。寝落ちでリアルタイム視聴がかなわず。
 土曜。会社の飲み会。
 今日もいろいろ予定ありでやっとかけた。

 ホラーにカテゴライズされる本作。
 まさにそれらしい展開。
 何しろ「猫の怨念」ですし。

 そのストレイキャット。
 イギーやフォーエバーのように声優が付くことはなく、ペットショップやねずみたちのようにサンプリングボイスで。
 四部でのモノローグは庚一君がやることも多く、ここまでのナレーター・大川さんはちょっと出番少なかったけど、猫草の心情の代弁で久しぶりにたくさん聞いた。

続きを読む "ダイヤモンドは砕けない #30「猫は吉良吉影が好き」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.10.20

たまる一方

 友人二人が「今季視聴」について語ってたので、乗っかってみようと思ったものの……

 まずは今季新作。
「私がモテてどうすんだ」…一話観たきり。
 二話目が夜勤の時で、その日遅くなって後まわしにしたら未だに見られなくて。
 原作の序盤を知っているので続けたいけど……

「魔法少女育成計画」…三話ため。つまり未だ未視聴(;^ω^)
 ファンである柚木先生がスピンオフコミカライズを手かけいるのと、喜久子さんでているのでチェックしていたけどこのありさま。
 試しもせずに脱落の危険性。

 ところで設定を見る限りこれも美少女に置き換えた『龍騎』みたいで。
 そして喜久子さんの役どころは
「イライラする。イライラするんだよ」
「そこにいたお前が悪い」
「ここが祭りの場所か?」でいいらしい(笑)

続きを読む "たまる一方"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016.10.16

プロ野球チーム命名由来

 ツイッターでのやり取りからの派生。
「なんでアンチは巨人をdisる時は『讀賣』と表現するのか? 巨人なんで崇めるように言いたくないのか?」という自発言から。
 ふと思い立ちプロ野球チームのニックネームについて知る限りの由来を。
 近鉄や過去のものも言及します。

 まず発端の巨人。
 前身のチームと大リーグの懸け橋になった人物。
 フランク・オドール氏がかつて所属したチーム。ジャイアンツの名をもらったと。
 記憶違いでないなら元のジャイアンツもオレンジをイメージカラーにしていたので「巨人」もそれに倣ったと。

 巨人とくれば阪神。
 同じ工業地帯のデトロイトにあるタイガースから取ったそうです。

 中日は当時の球団社長の干支が辰年たったというけど、これはちょっと眉唾だな(笑)

続きを読む "プロ野球チーム命名由来"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.10.15

ダイヤモンドは砕けない #29「ハイウェイ・スターその2」

 減速すればやられる!
 フルスロットルアクション……なんか映画のあおりみたい(笑)
 でもまさにそれと同じ状況で。

 冒頭の乳母車に突っ込みつつバイクを破壊して被害を防ぐあたりが特に好きです。

 1999年当時はまだまだバリバリの存在価値を持っていたテレホンカード。
 一方携帯電話はまだ高嶺の花といったところだったでしょうか。

 まぁ原作自体は90年代前半に描かれているので、色々と想像や予測で書いてあったりしますが。
 電話なんかもいろいろと違いが現実に合わせて治されていそう。

続きを読む "ダイヤモンドは砕けない #29「ハイウェイ・スターその2」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.10.11

心当たりがかなりある

 ラストの人たちにとっては作っている人間のことなどどうでもいいんでしょう。
 むしろ粗探しを「愉しんでいる」んじゃないかと。
 どう楽しむかは勝手だけど、それで粗探しされる方はたまったもんじゃない。
 延々ミスだけ並べたてて、それだけ細かいところを見ておきながら一つもよかった点は上げないとか。
 作った人間の精神をむしばむ目的とすら思えてくる。

 原典の設定を改変しての二次創作は一見二番目のプロデューサー・編集向きだけど、作者の心情を考えない点ではラストに近い。
 送り出したものがもっとも「出したいもの」なのにそれを変えるということは否定に他ならないし、心を折りに来ている。
 恨みは消えない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016.10.08

ダイヤモンドは砕けない #28「ハイウェイ・スター その1」

 前のシリーズとは一転して原作で好きなのがこの「ハイウェイ・スター」編。
 単純にアクションバリバリなのも。

 「このシリーズ」と銘打ったように本来は区切りがついているのですが、バスのくだりで前の展開を打受けているのもあり連結して見えますね。

 まずは『ぼくは宇宙人』編で。

続きを読む "ダイヤモンドは砕けない #28「ハイウェイ・スター その1」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.10.04

季節の変わり目

 体調を崩しやすい頃合いですが、いかかお過ごしでしょうか?
 僕はがっつりやられました(チュど~ん)

 日曜日帰宅したら悪寒と震えが。
 熱を測ったら39.7度。
 すぐ寝ようとしたものの半ば「気絶」して床で。

 トイレに起きた際に布団敷いて寝直しまして。
 土曜の八時くらいから月曜の朝にかけて断続的に寝てました。
 というかトイレに起きるのも難儀する有様で。
 おまけにどこでやらかしたのか右足のすねから下に盛大な打撲跡が。
 転んだ記憶はないけど。

 何とか今日は外に出ることできてコンビニで食料を。
 でもやはり熱があるので医者に行く予定で。

 ただのどが全然痛くないし、風邪とかじゃない気が。

 とにかく体調不良でレスやレビューが遅れてますのでご容赦のほどを。
 レスともなればちゃんと意味を考えて返答する必要がありますが、その考える力が出ない状態です。

 貴重な休日を寝て過ごす羽目になるとは……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.10.01

ダイヤモンドは砕けない #27「ぼくは宇宙人」

 四部最大の問題シリーズ。
「ミキタカ」は何者なのか?
 「ちんちろりん」で露伴から金を巻き上げようとするのはどうなのか?
 はっきり言うとカットされるとばかり。
 まぁここをカットすると直後のエピソードや「鉄塔」の方にも影響が。

 今回はリアルタイム視聴で……しかし落ちてて冒頭見逃し(笑)
 翌朝早いので確認の余裕もないのでそのまま。
 いや。仕事から帰ってからレビューしろよ(笑)

続きを読む "ダイヤモンドは砕けない #27「ぼくは宇宙人」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »