2019.07.31

黄金の風 最終話(#39)「眠れる奴隷」

 昨年秋から始まった激闘も予定の3クール。六月をはみ出して(笑)ここに完結。

 

 原作が完結してからのアニメ化で随所にそれが生きていて。

 その最たる例が暗殺者チームですね。

 同様にこのエピローグも構成変えてくるかと思ったんですが。

 ミスタが何かと丸い石に反応したりとか。

 それはやらなかったですね。

 

 やっと語れるけど後半ED。

 下から上へのスクロールで様々なスタンドが彫刻のようになってますが、その最初の丸い石こそがスタンド。ローリング・ストーン(ズ)

 まだジョルノが加わる前の話。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019.07.28

黄金の風 #38「ゴールド・E・レクイエム」

 5日に仮の最終回として放映。

 別枠で一挙二話放映。

 意外にも以前までと同じオープニ……違うっ!

 時が逆行しているっ!

 通常バージョンに対し時間を跳ばすのは「Diavolo ver」

 ここまではともかく、よもやその先「Giorno ver」もあるとは。

 

 

 三回挟んだ総集編がなかったと仮定するとこの38話は6/21放映と一か月前。

 間に合ったのだろうか?

…間に合わないようなスケジュールだからこんな、放映形態でする羽目になったんだが(笑)

 

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019.07.16

ビューティー・ヴィーネ

 ご紹介…というより自分の保存用(笑)

 ツイッターだと埋もれそうなんで。

 

 

 ちなみに五月末発売のだいおうじでは、とうとう「実は天使疑惑」がかけられたヴィーネさん(笑)

 悪魔としてはどうなのかという彼女。

 ガヴと気が合うはずだなー(笑)

| | コメント (0)

独立リーグ初観戦

 カテゴリー「プロ野球」から独立して「観戦記録」を追加。

 球場で見てきた日のことを。

 

 今回は独立リーグ。

 東日本の「ベースボールチャレンジリーグ」(以後「BCL」)の茨城アストロプラネッツと巨人三軍の「交流戦」に。

 

 僕の弟はしばしばBCLの観戦に出向いていて、今回僕に誘いをかけてきたというわけで。

 実は6/15にも武蔵ヒートベアーズ(埼玉)の試合に出向いたもの、その時は雨で駄目で。

 そのリベンジというわけでもないだろうけど今回のに。

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.07.06

黄金の風 #37「王の中の王(キング・オブ・キングス)」

 本題に入る前にこちら。

 

 

 MXでの通常放映は今回でいったん終了のようです。

 仮・最終回ということでかOPはSE入りですな。

 

 円盤の情報から最初から39話はわかってて。

 けど三回総集編を。

 つまりそれだけずれ込んで。

 この日で限界に来たんじゃあないかと。

 後番組に枠を空け渡さなきゃあいけない。

 だからいったん終了して、別の特別枠で放映かなと。

 

 さて、本筋の方は

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019.07.03

チャンステーマと選手名

 お友達のブログで中日応援歌についてのコメントで「言葉狩り」と。

 そして「そのうち意味のある言葉は言えなくなり、アーとかオーで」とあったのですが……実は巨人のチャンステーマがまさにそれ(笑)

 

 

 偉大なるレジェンド。王貞治の名前をひたすら連呼して(違う!)

 

 問題の中日応援歌は「お前」という歌詞を選手名にできないかというもので、それだとずいぶん印象が変わる。

 けど問題は名前の長さ。

 三から四文字の選手だと問題ないが、五文字超えると厳しい。

 逆に二文字も。

 

 巨人で考えてみる。ただしコールで。

» 続きを読む

| | コメント (0)

対中日12回戦 6-0で勝利

 あまりひねったタイトルにせず、現地観戦の時は一目瞭然のこのパターンで行こうか?

 今季三試合目の観戦はバックネット裏ではあるもののほぼ最上段。

 とはいえいい角度で試合が見られて。

 

 試合結果

 

 

 こうしてツイート貼ったほうが公式サイトにリンクするより簡単にわかるし、ツイアカ削除しない限りまず残るから後年読み返す時も行けそうな気がする。

 

 この試合は巨人85周年記念シリーズの一環で、戦前のレプリカユニフォームを入場者にプレゼント。

 もっともアンダーアーマーのマーク入りだが(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.06.29

黄金の風 #36「ディアボロ浮上」

 放映開始時は「寄宿学校のジュリエット」

 今年に入ってからは「デート・ア・ライブIII」

 そしてここ最近は「川柳少女」があり、そうでなくても以前より遅い時間になってたから直後には書けなかったレビュー

 やっとなにもなくなったのですぐ書ける。

 もう今回含めても3~4回だけど(笑)

 

 本題。

 冒頭でいきなりドッピオの死。

 それこそ生まれた時からの半身を捨てて。

 もっともなぁディアボロの末路を思うとドッピオはまだましだったかと。

 最後まで「愚直な配下」としてあの世に。

 

 大混乱の声優さんたちと思うけど、ブチャラティの中村さんは展開上ここだけだったのでまだ楽(笑)

 少なくとも鳥海さんと千本木さんよりは(笑)

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019.06.26

来る男たち。去る男。帰る男。

 巨人。吉川光夫投手。宇佐見真吾捕手と日本ハム。鍵谷。藤岡両投手との交換トレードが成立しました。

 

 

 日ハム側の思惑はわかりませんが、宇佐見の場合は現状では飼い殺し。

 もったいないと思ったけど出してやった方が彼のためですかね。

 

 吉川光は元のさやに。

 交換相手の太田はパ・リーグがあっていたらしく開花しましたが、彼もパに戻ればまだやれるのではないかと。

 

 やってくる二人がどんな投手かはわからないんですが、補強ポイントはセットアッパー。

 中川が務めていたけどクック離脱でクローザーに。

 澤村と宮國も不安定で一二軍を行ったり来たり。

 それに新外人もリリーパーらしいので、どうやらクックに見切りをつけた様子。

 とにかく中継ぎを安定させる狙いかなと。

 

 どの選手も新天地で活躍を祈ります。

 

 PS。ハンカチ王子もセに出してやった方がよくない?

 パの水が合わないんじゃ。む

| | コメント (0)

2019.06.24

川柳少女 第十二句(最終回)「七々子とエイジ」

 ただでさえあっという間の三か月。

 さらに15分アニメで尚更短く。

 もっと見たいけどひとまずはここまでで。

 

 原作者ツイートもラスト仕様

 

 

 

 

 五町が出ないと言う時点でラストはこれしかないと思ったのが、七々子とエイジの出会いの話。

 

 ラストだけに女性キャラねじこむかと思いきやあくまで原作準拠で。

» 続きを読む

| | コメント (2)

«黄金の風 #35「鎮魂歌は静かに奏でられる その2」