2019.05.19

貼り付けテスト

 入院時に使ってたノーパソはエッジで。

 それもうまくできてなかったけどやれるかどうかのテスト。

| | コメント (1)

2019.05.18

そういうことか!

 ツイートや動画を貼り付けられないのは、リニューアル後の不具合と思っていたがやり方が違ってたんだ。

 やっと気が付いた。

 ソースコードでやれば問題なかったんだ。

 

 ということで今までのうっぷん晴らしで貼りまくる(笑)

 最近はツイッターに積極的な喜久子さんのそれで。

 

 

 

 

 

 

 

 まだ紹介するものはあります。

» 続きを読む

| | コメント (2)

川柳少女 第七句「七々子の雨の七不思議」

 エピソードタイトルに「七」が三つも。

 だから全て赤く彩って(笑)

 

 全12話。そして通常の半分サイズだけにいろいろと削られてでもいるのか。

 アマネ部長の重要な設定が未だ語られていない。

 残りの話で出るかもなので明言は避けますが、この設定知っていると冒頭のとっさに作り話が出たのも説得力があるのだが。

 

 さらに言うとやはり登場人物も絞られているのもあり、アマネ部長と微妙な関係になる男子キャラも出てきてない。

 だからアマネ部長の「恋する乙女」なところはまだ観られない。

 

 

 

 

 

 今回も二つのエピソードをミックス。

 中盤のウサギ小屋の話は別エピソード。

 そこでその時点の女子キャラ総登場で。

» 続きを読む

| | コメント (2)

黄金の風 #30「グリーン・ディとオアシス その1」

 前回から引き続きの展開。

 今回に「その1」とあるくらいでかなりの話数を連載でも。

 

 冒頭。アバンでいきなりコミカルですが、後にして思うとセッコが角砂糖飛ばして当てるのは伏線だったのね。

 ミスタの銃弾を弾き飛ばすくだりの。

 

 セッコのスタンド。オアシス。

 あのスーツ上のがスタンドで地中を「泳ぐ」ことができる。

 ちなみにセッコは見えているわけではなく野性的な勘と、聴覚で敵を捉える。

 なおおつむはかなり弱い様子(笑)

 というかあのしゃべり方。

 難癖付けようとしたらいいカモだが?

 あくまで改変はなし。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.05.11

川柳少女 第六句「七々子の反抗期」

 やっとできるようになったので、いきなりこちらを追加で

 

 

 

 本題。

 今回に限り主人公は七々子の父。雪白吉彦かなと(笑)

 

 確かに七々子は可愛いし、ちょっと心配せずにいられないところもあるけど…劇甘(笑)

 また演じる岩田光夫さんのもう「怪演」が(笑)

 とはいえ心情としては理解しやすいかと。

 娘を愛する父親はなにも珍しくない。

 自分の娘を消そうとするイタリアギャングのボスが異常なんだ(笑)

 

 母・雪白千冬役は国府田マリ子さん。

 確かに花澤香菜さんと国府田さんなら母娘っぽくなる。

 

 原作は普通の漫画と四コマのハイブリッドというか。

 出足と終盤は普通のコマ割りで、途中が四コマで8ページいう構成。

 ちゃんと扉ページもありますが、この一枚絵は原作者の作画能力がハイレベルであることを知らしめてます。

 そしてそのショートコミックを前後している話だけでなく、他の話からネタを持ってきて再構築しているアニメ版。

 要するに単純には元ネタ分からない(笑)

» 続きを読む

| | コメント (2)

黄金の風 #29「目的地はローマ! コロッセオ」

 アバッキオの残した「デスマスク」でボスの顔は知れた。

 だがデータに引っかからない。

 焦るジョルノたちだが謎の男からのアクセスが。

 

 僕はなにしろ21年前にジャンプで読んでて。

 単行本も持ってるくらいで正体はわかるんですけど、原作未読者でもアニメシリーズを最初からみていたら配役で気が付くかと(笑)

 確かに同じ声優が別の役を演じるのは何一つおかしくないものの、このアニメ版ジョジョの場合は事情が違う。

 基本的に一度名のある役をやったら、その役のみの出番と。

 例外は二部で「鋼線のペック」を演じた鶴岡聡さんが四部の小林玉美役。

 一部で「黒騎士ブラフォード」を演じた津田健次郎さんが五部のティッツァーノ。

 そして三部でダービー弟ことテレンス・T・ダービーを演じた諏訪部順一さんが五部のレオーネ・アバッキオとこの三人だけ。

 今後はともかくこの時点では。

 それだけに配役から「謎の男」の正体はわかりそう。

 またヒントとばかし矢の映像で懐かしいシルエットも(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.05.10

期待の新作

 師走冬子先生の「泊まりにおいでよ」がきっかけで日参するようになったまんがライフWIN。

「ポプテピピック」の連載元といえば通じるかな?

 本日5/10から期待の新作が始まりました。

 タイトルは「よーじょらいふ」

 WINでは記憶にないTSFです。

 それも「あさおん」で。

 だからご紹介。

 

 基本的に一日一本掲載で(今回は初回の初回だからか3ページ)

 多分毎月十日に新シリーズ。

 掲載時間はシリーズごとに変わりますが、今回は14時更新のようです。

 

 うちのサイトならTS好きも多いだろということで(笑)

| | コメント (2)

2019.05.05

川柳少女 第五句「占い少女」

 事前告知のキャラとしてはラストワンの花買タオ。登場。

 演じるは上坂すみれさん。

 あのローテンションな感じにどうかと思ったらしっくり来てますね。

 もっとも後の方じゃ…

 

 原作者ツイート

 

 

 

 

 エロボケ担当の琴姉(笑)

 何し掲載誌の少年マガジンには「生徒会役員共」が連載してますから、かぶらないようにしないとですが(笑)

 

 そして相性占いしてもらう七々子たちですが

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019.05.04

トクサツガガガ展

 漫画を原作としたドラマ。

「トクサツガガガ」がNHK総合で放映されていて。

 放映中はキー局の名古屋でやっていたものですがこの大型連休で東京でも。

 それに行ってきました。

Img_0762

 なお撮影は許可されています。

「SNSにあげるな」とは書いてなかったし…

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019.05.02

川柳少女 第四句「キャンバス少女」

 いきなり作者ツイート。

 

 

 

 

 矢工部キノ登場。

 ある意味この子も「筆譚」で(笑)

 

 この作品がアニメ化と聞いて思ったのが「キノに声はつくのか」と(笑)

 七々子は吹き出しにならない声もあるのでわかるけど、キノはそれもないし。

 スケッチブックの文字を読む形で。

 

 かつての「らんま1/2」で早乙女玄馬転ずるパンダがプラカードに文字を書いてコミュニケーションとっていた原作に対し「動くアニメでは文字を読んでられない」という理由でジェスチャーに改変されていたものの、余計リズムが悪くなったからか原作通りプラカードに。

 今なら録画前提だから一時停止もあるけど、読み上げてりゃ一時停止での中断も避けられますし。

 

 演じる人はたまたま僕は縁がなかった。

» 続きを読む

| | コメント (2)

«黄金の風 #28「今にも落ちてきそうな空の下で」