2018.12.29

冬コミの配置は12/29(土) 西 ね-14b

 タイトルの通り「土曜日(12/29)西 ねー14b」に配置されました。

 今回はほっとしたのが一番です。
 何しろ夏に出した本が病み上がりとあの異常高温で56ページにまとめるのが精いっぱいで。
 不本意ながら「以下続刊」と
 それだけに間を空けたくなかったので。

(11/16追記)

 入稿しました。
 よほどのことがない限り新刊出ます。
 夏に出した本の続き。完結編。

『彼氏でカノジョ 彼女でカレシ 下巻」
B6版。68ページ。
頒布価格は400円を予定しています。

 なお、上記の通りなのでサイトの方も停止させないつもりです。

 例によって当日まで最上段に。情報も珠時更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.18

マクロファージなお姉ちゃん

 そのまま舞台化できそうなくらい衣装がしっくりきてたのでぺたり

 しかし17日が本人のイベントで、翌日は「はたらく細胞」のイベントとはなかなかハードな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜乃そらのナンバー

 後年のために。
 2018年11/17に行われた井上喜久子さんのイベントで流れた動画。
 そのもとになったものを探したのでここに。

 これはこの年、井上喜久子さんの声使ったボーカロイド。
 桜乃そら(はるのそら)で作られた歌です。

 まずは「湯霧ノ旅路」
「和」のイメージが強い曲ですね。

 もう一曲。「恋の呪文はソラソラ」
 歌詞に注目。
 作った人はかなりの喜久子さんファンとみた!

 イベントでは三曲歌われラストは本人とのデュエットたったんですが、タイトル分からなくて。

…書いたら教えていたました。ありがとうございます。

「どんな言葉なら届きますか」
 動画を観るとあのステージの意味がよくわかりますね。

 うーん。曲を作るスキルがあれば僕もやってみたいが…
 もちろん、自作小説をもとにした歌で(笑)
 大ファンの声優さんに自分の作品の歌を歌ってもらえるなんて夢のような話だし。

 とりあえずボイスロイドの方に手を出したくなって来た(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.11.17

黄金の風#7「セックス・ピストルズ登場 その1」

 アバッキオの次はミスタの紹介編。
 正反対とまては言いませんが、ジョルノに対する態度はかなり違ってて。

 スタンド名はエピソードタイトルにもあるセックス・ピストルズ。
 まぁ拳銃のためのスタンドということからのネーミングというか名前拝借かと。

 三部に出てきたホル・ホースのスタンド「皇帝(エンペラー)」は拳銃も弾丸もスタンドで、軌道も自在。
 物理的な物ではないので空気抵抗による失速などはないものの、本体の視界から外れると制御不能。
 対して今回のセックス・ピストルズは弾丸の操作。
 銃弾そのものは射程距離があるものの、見ての通りミスタの視界になくてもコントール可能。
 あの拳銃そのものは本物。ただの道具。
 言い換えると別の銃でも同様の能力は発生させられると。

 六体というのはリボルバーの装てん数である六発からでしょうけど、酷似したのが六人となると「おそ松くん」を髣髴と(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.12

インパクト絶大

 何も言いません。ただ見てください。笑える(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法少女でコマーシャル

 ツイッターで流れてきて、面白かったのでご紹介。
 なおこれはあくまでコマーシャルですのでとお断り。

 そして中の人は。

 やたらにクオリティ高いアニメだが、やはり直接商品イメージに関わるからか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.11.11

新旧クロスオーバー

 こんにツイートが流れてきて「ジュリエット」より先にグリッドマン見ずにいられなくて(笑)

 原典からの出演というのはよくありますが、今回が。
 ちなみにキーボードだっのにも意味が様です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.10

黄金の風#6「ムーディー・ブルースの逆襲」

「メインライター」とシリーズ構成の違いですが前肢は言葉通り主に執筆する人。
 特撮ですが「獣電戦隊キョウリュウジャー」における三条陸さんや「仮面ライダービルド」の武藤将吾さんは一年分すべて書ききっていますが、これは極端な例で。
 対して「シリーズ構成」はエピソードの配分なども考える方のようです。
 原作があるこの作品。だいたい3~4話分をアニメ一回分で。
 週刊連載時にそれぞれある山場を調整したりも。

 前置きが長くなりましたが、今回冒頭で語られてアバッキオの過去は、原作ではもっと後の話で。
 ただそこはフーゴに焦点を当てることにしたんでしょうね。
 とにかくここでアバッキオの過去を描いたから、彼の行動などにも深みが出た印象です。

 なおブチャラティとの出会いはアニメオリジナルですが、さすがにここまで100話以上ジョジョのアニメを作ってきたスタッフ。
 原作と全く違和感のない感じになってます。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.11.03

黄金の風#5「ポルポの遺産を狙え!」

 ブチャラティチーム勢ぞろい。
 キャラクター自体は原作既読でよくわかってますか、PVで少し聞いていたけど声が付くとまた別ですね。
 先行するゲームのキャストとはとうとう一人も合わなくなって(笑)

 ナランチャの声。ゲームでは確か三瓶由布子さんと女性でしたが。
 アニメでは男性と聞きますが…あの声だと女性声優が少年役を演じているのと大差ないかも。
 もちろん本物の男性が男子を演じる方がより良いとは思います。

 ナランチャと言えばもう一つ。
 彼に切れたフーゴの罵声。
 連載時には「腐れ脳みそ」だったのが単行本ては「ど低能」に修正。
 なのにアニメはジャンプ掲載時同様の「腐れ脳みそ」に。
 わざわざ修正前に戻すとは大丈夫なんですかね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.29

特オタ視点のグリッドマン

 いや。原典は特撮ですが(笑)

 元々は友人のグリッドマン四話に関するコメントにレスのつもりだったけど、案の定特撮ネタが多くなって(笑)
 そして先方は特撮ほとんど見ないので、そこで特撮ネタを炸裂させるのも何なので自分とこで。

 まずレスするつもりだったもので。
 あちらで『腕の装甲なのにキック?」という主旨のコメントが。

 で、やっと見られたんですがああ。
 まず高度をとるためにブーストかけてますね。
 ライダーならジャンプするところ(笑)
 十分に高度と距離をとって、今度は怪獣めがけてブーストじゃないかなと。
 落下エネルギー乗せた分だけ破壊力が増したと。
 ここからがあちらでのレスをためらった理由ですが、わかりやすい例えがフォーゼのライダーロケットドリルキックですな(笑)
 名前の通り。右腕につけたロケットの推進力で突っ込んでいく。
 グリッドマンも同じことしたんじゃ?

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«寄宿学校のジュリエット#4「露壬雄と蓮季」