2016.12.30

12/30(金)西1ホール は-22a

 ビッグサイトよ。私は帰ってきた(笑)
(一般参加しているけど)

 当選してました。
 そして無事入稿もしました。

 お品書き。(すべてB6版)

 新刊
「金剛学園女子寮211号室」
 60ページ。頒布価格400円。

 二組の少年少女の入れ替わりもの。
 その女子になった男子サイドを。
 なお反対側は販促を兼ねてwebで展開予定。

 既刊。
「Fake Basket」
 C88初出。100ページ。頒布価格600円。

「城弾シアターR18 ぱられる」
 C85初出。84ページ。頒布価格500円。
「城弾シアターR18 花火」
 C84初出。84ページ。頒布価格500円。

 以上四点持っていきます(新刊は僕も現地で見ますけど)

 随時更新予定。
 そして例によって当日までこの記事を最上段に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.03

ダイヤモンドは砕けない #36「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」

 やられた……
「スターダストクルセイダース」のラスト二回のOPという「前例」があるのに、今回の特殊OPのことが全く頭になかった。

 DIOが「一時停止(ポーズ)で吉良は「巻き戻し」(笑)

 心情を追うという点では今回はまさに川尻早人が主人公。
 ただスタンドを持たない「無力」な少年。
 武器はただ一つ。
「悪鬼」から愛するものを守ろうと恐れに立ち向かう「勇気」
 ジョースターの血筋ではないが「黄金の精神」を持っていた。
 いや。皮肉にもそれは凶悪な殺人鬼がもたらしていた。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016.11.27

ダイヤモンドは砕けない #35「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」

 この四部では「成長」を見せるキャラも幾人かいます。
 広瀬康一しかり。岸部露伴しかり。
 そして、吉良吉影。
 悪もまた成長する。

 ちょっと脱線しますが、本来なら一番「成長」を見せるはずの主人公ですが、設定上10年以上前からのスタンド使いで、もう知り尽くしていると。
 逆に言うと安易なパワーアップとかなく、それまでもっいたものを工夫して戦うという燃える要素も。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016.11.24

無事入稿

 新刊の入稿が済みました。
 これでよほどのことがない限り冬コミには新刊出ます。

 タイトルは
「金剛学園女子寮211号室」です。
 今回は入れ替わり物で。
「君の名は。」と「オレが腐女子でアイツが百合オタで」にインスパイアされたのは否定しません(笑)

 B6版。60ページ。
 頒布価格 400円予定。

 既刊も持っていきます。

 12/30.
 東京ビッグサイト。
 西1ホール はブロック 22aでお待ちしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.21

「本命はポニーテール」

 僕の大好きな作品に
「お酒は夫婦になってから」というのがあるんですが、
その連載している「やわらかスピリッツ」でこの作品を見つけたのでご紹介。

「本命はポニーテール」

 可愛い女の子だけど馬券を買うのが趣味で、しかも……ここからは読んでのお楽しみで。

 競馬やらないのになんでこれを紹介したかというと、お友達にはっきりしているだけでもお二方ほど競馬好きがいるので、その方たちに。
 もちろん別の人が読んでも。

 因みに劇中の登場人物。有馬君(名前の由来は競馬知らない僕でも聞いたことのある「有馬記念」?)同様に、ヒロイン・小栗さん(こちらは「オグリキャップ」?)が何を言っているのかよくわからなかったり(笑)

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.11.19

ダイヤモンドは砕けない #34「7月15日(木) その4」

 「四つ」の話を時系列順にした展開の完結編。
 ますはチープ・トリック。

 普段の言動がものを言い、助けを呼ぶ相手が限られるうえに、その庚一にも「からかわれている」とまで判断され。
 何しろ乙雅三の「死体」を見ても作り物と……まぁ人形サイズじゃそれも無理なし。
 まさに身から出た錆を地で行く展開(笑)

 上からコートなどで隠すという手はたぶんダメなんでしょうね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.11.12

ダイヤモンドは砕けない #33「7月15日(木) その3」

「エニグマの少年」編決着。
「興味本位」で済ますにはあまりにもやることが卑劣すぎた。
 哀れ人間やめる羽目に。

 原作の時点で不思議に思っていたのが、サソリは生き物だからかろうじていいとして炎やシュレッダーという非生命体の「恐怖のサイン」をどうやって(笑)
 タクシーは運転手のそれを運転中に見つけてタクシーごと取り込んだとして。
 アレかな?
 本人は自在に紙になったり戻れるようだから、自分とともに取り込んで自身だけ出てきたとか?

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.11.10

新ヒーローの愛車?

ツイッターで拾ったネタですが

 ホンダの新バイク

 ツイッターではこう書いてあったんです。
「特撮ヒーローの乗るバイクみたい」と。
 激しく同意(笑)

 ちなみにホンダはいわゆる平成ライダーに車両提供してますが、まさかそれがフィードバックされたデザインじゃ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.11.06

ダイヤモンドは砕けない #32「7月15日(木) その2」

 時系列順に進む四つ……いや。「いつつ」のストーリー。
 そのうち「鉄塔」に決着ですが……ラスト端折られているぅぅぅぅぅぅ。
 原作だと傷のエネルギーを逆行させて勝利したものの、鋼田一の血が仗助の指を滑らせ落下。
 それをわざと鉄塔を殴り、跳ね返りを利用して落下を免れるんですが。
 時間の都合か?
 整合性の関係か端折られて。

 そしてメインエピソードが「エニグマの少年」へと。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.10.29

ダイヤモンドは砕けない #31「7月15日(木) その1」

 基本的に原作準拠のこのシリーズ。
 それがわざわざタイトル変えたくらいなので、何かやるとは思っていたが。
 メインとなる鉄塔の話が原作順だとここで。
 しかし次。そしてその次のシリーズのための布石を。
 そういやこの三つのシリーズは同じ日の出来事か。

 さらに写真のおやじが吉良と合流も描いて。

 こちらで確認しました。
 実際に1999年7月15日は木曜日ですね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ダイヤモンドは砕けない #30「猫は吉良吉影が好き」